2018/04/15 08:10

新社会人はスタートが肝心!賢いお金の貯め方と心構え

新社会人になって、大きな責任とともに期待に胸を膨らませているフレッシュマン。将来を見据えて貯蓄を考える人は多いはず! 給料の中から、どれくらい貯蓄にまわすべきなのか?注意すべき点には、どのようなことがあるでしょうか。
新社会人になって、大きな責任とともに期待に胸を膨らませているフレッシュマン。将来を見据えて貯蓄を考える人は多いはず! 給料の中から、どれくらい貯蓄にまわすべきなのか?注意すべき点には、どのようなことがあるでしょうか。

新社会人のお金の貯め方

憧れや不安を抱きながらの新生活。社会人1年生としては、大きな夢を抱いてのスタートですので、しっかり準備をしておくことが必要です。準備しなければならないことはいろといろありますが、今回はお金をどのように貯めるかについて考えてみましょう。

学生の時には、お金がピンチになったときには両親等から援助が受けられたり、アルバイトを増やしたりと、ピンチを切り抜ける方法はいくつかありました。しかしながら一企業に就職すると、会社での拘束時間が長くなる、アルバイトは禁止される等の学生時代に使うことができた、ピンチを切り抜ける方法が使えないことが考えられます。自分の夢を叶えるため、イザという時に備えるためにも、お金を貯める習慣が必要になってくるのです。

毎月の費用を見積もってみよう

まず考えて欲しいのは、1カ月生活するために必要になるお金はいくらなのか?を知ることから始めてみましょう。

一人暮らしであれば1ヶ月の家賃、食費、水道光熱費、携帯電話等の通信費、交通費等を。親元で暮らす場合には、実家にいくらお金をいれるのかを家族と相談し、更には自分が支払わなければならない携帯電話等や交際費の予算立てをして、それ以外のお金は貯蓄に回すようにしてみましょう。一見すると無駄がないように思える方法ですが、慣れない社会人生活で上手く予算立てできないことがありますし、どんぶり勘定で予算を立ててしまい、「貯蓄に回せるお金がない」と言う人も多いようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >