2018/04/15 18:30

生活保護と年金のダブル受給は可能か?貰える金額は?

年金には、歳を取って働けなくなった場合の所得補償という機能があります。また、けがや病気で働けなくなった場合の障害年金と、一家の稼ぎ手を失った場合の遺族年金という2種類の給付もあります。一方、収入がない、少なくて生活できない場合のセーフティネットとして、生活保護があります。年金と生活保護は、ダブルで受給できるのでしょうか。
年金には、歳を取って働けなくなった場合の所得補償という機能があります。また、けがや病気で働けなくなった場合の障害年金と、一家の稼ぎ手を失った場合の遺族年金という2種類の給付もあります。一方、収入がない、少なくて生活できない場合のセーフティネットとして、生活保護があります。年金と生活保護は、ダブルで受給できるのでしょうか。

生活保護をもらえる条件とは?

まずは、生活保護についてご案内します。生活保護は、何らかの事情で全く働けないか、働いていても収入が少なく、次のような努力をしてもなお生活できない場合に支給されます。

・働ける限りは働いて収入を得る
・雇用保険や年金などの社会保障による給付をすべて受ける
・預貯金や生命保険などの金融資産を生活費にあてる
・親、子や兄弟姉妹など、民法上の扶養義務者による援助を受ける
・自動車は原則保有できない
・居住用不動産や事業用不動産(農地や山林など)は原則保有が認められるが、受けた生活保護の中からローンを返済することは原則認められない

生活保護の金額はどう決まる?

生活保護の金額は、地域や世帯の人数、構成員の年齢などによって計算される最低生活費によって決まります。最低生活費は、たとえば東京都区部に住む60代の夫婦2人世帯の場合では、次のようになります。

・基準額:3万8,990円×2×0.885=6万9,012円(生活扶助基準第1類)……A
・基準額:5万180円(生活扶助基準第2類)……B
・A+B=11万9,192円……C(生活扶助)
・住宅扶助(最高額):6万4,000円……D
・C+D=18万3,200円(端数処理を行っている)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >