2018/05/03 18:15

子供は好きだけど…子供の世話は好きじゃない!?

ふだん当たり前だと思っていた親の責任や義務が、些細なきっかけで重くのしかかることはありませんか。その親の気持ちを紐解きます。
ふだん当たり前だと思っていた親の責任や義務が、些細なきっかけで重くのしかかることはありませんか。その親の気持ちを紐解きます。

「いい親」という名の呪縛

今から書くことは、現在もタブーとされている素直な母親の心持ちです。

さて、先月私は体調がどん底となり、立っているのも辛く、半日寝込んでも治らないという日々が3週間ばかり続きました。と、書いてしまうとただの体調不良なのですが、普段の体力が100とするとその時は50ほど。

普段、体力100でもギリギリなので、その時は仕事をするにも子供たちの世話をするにも、満足のいく状態ではありませんでした。

当たり前ですが、母親が体調どん底だろうが、子供たちの要請はやむわけはありません。

「見てみて~、だっこして、ご飯のお手伝いさせて、エレベーターのボタン押させて、荷物持って、ご飯食べさせて、おひざに座らせて、お風呂で泡つくって、トイレでお尻をふいて、寝るときはトントンしてこっち向いて、抱きしめて」と2人の子供は間髪入れずオーダーしてきます。

待ったのきかない状態で気づいた本音

子供は元気でよかった~と思いつつ、待ったのきかない状態時にふと思ったのです(以下、心と心の対話)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >