2018/04/28 20:30

子どもがいなくても離婚したら保険の見直しは必要?

私たちの一生にはいろいろなライフイベントがあり、それは保険の見直しの機会でもあります。離婚は想定外のライフイベントですが、このタイミングでも見直しは必要です。無駄な保障のために保険料を払い続けるのはバカらしいからです。今回は子どものいない夫婦の離婚による見直しについて見ておきましょう。
私たちの一生にはいろいろなライフイベントがあり、それは保険の見直しの機会でもあります。離婚は想定外のライフイベントですが、このタイミングでも見直しは必要です。無駄な保障のために保険料を払い続けるのはバカらしいからです。今回は子どものいない夫婦の離婚による見直しについて見ておきましょう。

結婚したときに保険に入ったら、離婚時には見直しが必要

結婚したとき、お葬式代や入院費用でパートナーに迷惑をかけないために保険を見直したり、未加入だった人は加入した人も多いはず。では、子どもができる前に離婚してしまったら?子どもができる前でも、やはり保険の見直しが必要です。ポイントは死亡保障です(医療保障は、見直しは基本的に不要ですが、この機会に点検をしてみることをおススメします)。まずは、死亡保障の見直しから見てみましょう。

死亡保障はいらなくなるので解約が基本

死亡保障は、結婚したときに、夫・妻ともにお互いのために準備したはず。子どもがいない状態での離婚は、シングルに戻るだけなので、パートナーのための死亡保障はいらなくなります。当分の間、再婚する予定がないなら、いったん解約しましょう。

ただし、一度入った保険を解約するのは勇気がいるので、その勇気が出せない人は解約しなくてもいいでしょう。また、自分に万一のことがあったときに親に死亡保険金を残したい人も、解約しなくてもかまいません。この場合、死亡保険金受取人の名義を親に変更する手続きだけは忘れずにしておきましょう。でないと、死亡保険金は、モト妻あるいはモト夫に支払われることになってしまいますから。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >