2018/05/04 11:30

生命保険会社の収益の大半は死差益が生み出している

生命保険会社の収益の大半は死差益が生み出している
生命保険会社の収益の大半は死差益が生み出している

保険料を決める3つの予定率


生命保険の保険料は、「予定死亡率」、「予定事業費率」、「予定利率」の3つの予定率を使って計算されます。

保険会社では、過去の死亡率の統計をもとにして性別・年齢別の死亡者数を予測し、将来的に支払わなければならない保険金額を計算します。この計算に用いる率が「予定死亡率」です。予定事業費率は、保険会社の経費(契約を募集するための費用や保険料の集金費用、契約の保全にかかる費用など)を見積もる際に用いられる率です。この2つの率が下がると、保険料は下がります。

予定利率は、契約者から払い込まれた保険料(一部)を運用した場合に得られるであろう利回りのことです。保険会社は契約者から預かった保険料(一部)を、将来の保険金の支払いに備えて積み立てて運用しています。その運用で得た利益は、保険料を払っている契約者のものです。ですから、あらかじめ運用益を予測し、それに相当する分だけ、保険料を割り引いているのです。予定利率を保険料の割引率というのは、ここから来ています。予定利率が上がると、保険料は下がります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >