2018/05/12 18:15

狭~い部屋を広く見せる「テクニック」がある!?

狭い部屋でも、思いきりおしゃれに、インテリアを楽しみたい。部屋をできるだけ広く、ゆったりと見せたい。
狭い部屋でも、思いきりおしゃれに、インテリアを楽しみたい。部屋をできるだけ広く、ゆったりと見せたい。

狭い部屋でもインテリアの選び方次第で、ゆったり空間が作れる

ゆったり広い部屋に住めれば一番いいのですが、日本の住宅事情ではなかなかそういうわけにもいかないでしょう。

・部屋は狭いけど、思いきりおしゃれに、インテリアを楽しみたい!
・部屋をできるだけ広く、ゆったりと見せたい!

ここではそんな悩みに答える、インテリア・家具の選び方やレイアウトのコツをお伝えします。家族向けのリビングはもちろん、一人暮らし向けの5畳、6畳のワンルームなどでも活用できるアイデアです。

コツ1:使う色を絞る

同じ広さのスペースですが、白っぽい家具を使った左の写真の方が、壁や床と家具が同化してなんとなく広く見えますね(写真:トステム/インテリア建材 ウッディーライン)
広さというのは目で見て感じるものですから、目に付くものがたくさんあると、あちこちに視線が移ってしまい、狭く感じる原因になります。広く見せるポイントは、さっと視線が通る空間作りにあるのです。

部屋の中に色が氾濫すると、視線があちこちに移る原因になります。まずは、インテリアアイテムで使う色を数色に絞りましょう。

特に気をつけたいのが、木目のある家具。さまざまな色の木目があると、まとまりがつかないばかりか、ちぐはぐな印象になります。できるだけ、同じような色で揃えるように心がけましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >