2018/05/04 22:20

38歳子持ち。貯金1100万。服飾費と化粧品代が月5万円

38歳子持ち。貯金1100万。服飾費と化粧品代が月5万円
38歳子持ち。貯金1100万。服飾費と化粧品代が月5万円

今後のお金の使い方と貯め方で悩んでいます


皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、かかり過ぎの服飾代などで悩む30代の会社員女性です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。
※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

■相談者
空想上の動物さん(仮名)
女性/会社員/38歳
東京都/賃貸住宅

■家族構成
夫(会社員/38歳)、子ども(保育園/1歳)

■相談内容
育児休業中にお金を使いすぎてしまいました。また、服飾費がかかり過ぎていると思います。今後のお金の使い方と貯め方にアドバイスをいただきたいです。我が家では、生活費以外のお金(貯蓄や投資、小遣いなど)は夫婦でそれぞれ自己管理をしております。

夫は問題なく貯蓄ができているようですが、私は育休復帰後2カ月無給、ボーナス1回分なし、時短勤務で手取りが3万円減など、不安でたまりません。私の給与から生活費への拠出分8万円と投資分4万円を引くと、残り12万円。ここから昼食代やスマホ代、諸々の必要コストが消え、服飾費と化粧品には2万円しか使えないことになります。この金額に抑えることはおそらく不可能です。実際、服飾費と化粧品には平均月5万円程度は支出しています。正直なところ周囲の人たちと比べて特段いい服やいい化粧品を使っているわけでもなく、どうやって削減したらいいのかわかりません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >