2018/05/13 19:45

見えないはずのものが見える…特殊能力?心の病気?

見えないはずのものが見え、聴こえないはずの声が聴こえる。精神医学的には、精神疾患の代表的な症状である幻覚・妄想が現れる「サイコシス」に当てはまるものですが、いわゆる霊能力など、個人の特殊な能力として捉えられるケースもあるようです。心の病気の基礎知識として、精神症状に対する基本的な見方、病名がつくかどうかの診断の考え方について解説します。
見えないはずのものが見え、聴こえないはずの声が聴こえる。精神医学的には、精神疾患の代表的な症状である幻覚・妄想が現れる「サイコシス」に当てはまるものですが、いわゆる霊能力など、個人の特殊な能力として捉えられるケースもあるようです。心の病気の基礎知識として、精神症状に対する基本的な見方、病名がつくかどうかの診断の考え方について解説します。

不思議な体験は特別な能力か、精神病性の症状か


一般に、精神病性の精神症状といえば、見えるはずのないものが見える、聞こえるはずのない声が聞こえるといった精神体験が挙げられます。日常生活でもそれに近い経験をすることは、実は誰にでもあるものです。そしてそれはもちろん疾患のレベルとは大きく異なります。

しかし、かなりこうした経験が多くなっても、それらが病気の症状ではなく、その人の特殊な能力のように本人や周りが捉えるケース、も現実には少ないとはいえ、あることです。実際にそのような能力があるのかどうかは医学的な見地からはわからないことですが、今回は精神医学的な見地から、紐解いていきたいと思います。

今回は心の病気を正しく理解していくための基礎知識の一つとして、精神症状の考え方も解説します。違和感を感じる出来事があったとしても、気にしなくてよい日常的なレベルのものが、治療が必要な疾患と判断されるレベルのものになるまでには、いくつかの段階があります。精神病性の精神症状を例に詳しく解説しますので、ぜひ頭に入れておいてください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >