2018/05/09 20:30

住まい、生活物資、税金優遇…被災者を助ける公的支援

地震、豪雨、洪水、津波、噴火などの自然災害で被害を受けた場合、被災後の生活のための様々な支援制度があるのをご存知ですか?住まいを確保するための給付金、食料や学用品の供給、自然災害で世帯主が死亡した場合の災害弔慰金の支給、税金や社会保険料の優遇など、自然災害で被害を受けた人には様々な公的支援が用意されています。
地震、豪雨、洪水、津波、噴火などの自然災害で被害を受けた場合、被災後の生活のための様々な支援制度があるのをご存知ですか?住まいを確保するための給付金、食料や学用品の供給、自然災害で世帯主が死亡した場合の災害弔慰金の支給、税金や社会保険料の優遇など、自然災害で被害を受けた人には様々な公的支援が用意されています。

被災後の生活のための様々な支援制度を解説

突然の自然災害で家や家族を失ったときの精神的・経済的ダメージは計り知れません。住まいを確保するための給付金、食料や学用品の供給、自然災害で世帯主が死亡した場合の災害弔慰金の支給、税金や社会保険料の優遇など、自然災害で被害を受けた人には様々な公的支援が用意されています。

住まい確保、再建のための「被災者生活再建支援制度」とは?

平成10年5月に「被災者生活再建支援法」が成立して以来、5度の法改正を経て、約25万9000の被災世帯に対して約4352億7090万円(うち2分の1は国庫補助金)の支援金が支給されています。東日本大震災やその後の大地震の影響も大きく、7年前の235億と比べ支援金の支払いは18倍以上に膨れ上がっています。
被災者生活再建支援制度の支援金の支給額は最高で300万円までです。持ち家の場合、火災保険に加入して地震保険をつけたほうがいいでしょう。なお、基本的に自営業者や小規模法人事業所の事業的資産(倉庫など)は支援金の支給対象になりません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >