2018/05/09 18:30

幸せな老後を迎えるために必要な3つの資産

子育て世代の多くが老後難民予備軍といわれます。未来を明るいものにし、ハッピーな老後を迎えるためには、ある3つの「資産」が必要。これらには、日々の家計管理が密接に関わっているのです。未来を国や会社に依存するのではなく、自分自身で幸せで豊かな未来にを作り上げていくことが重要になります。
子育て世代の多くが老後難民予備軍といわれます。未来を明るいものにし、ハッピーな老後を迎えるためには、ある3つの「資産」が必要。これらには、日々の家計管理が密接に関わっているのです。未来を国や会社に依存するのではなく、自分自身で幸せで豊かな未来にを作り上げていくことが重要になります。

未来は「家計管理と考え方」次第でどうにでもなる

「老後難民」や「長生きリスク」という言葉をよく耳にするようになりました。家計を一生懸命やりくりしている主婦や、頑張って働いている人々にとって、未来に希望が持てないのはとても悲しいことです。しかし、未来は「家計管理と考え方」次第でどうにでもなるものです。今回は、老後難民にならず、ハッピーな老後を迎えるための方法をお伝えしたいと思います。

子育て世代の多くは「老後難民」予備軍

私が家計管理に目覚めたきっかけは、自分で作ったキャッシュフロー表です。子どもたちが大学に進学する頃から、1000万円以上の赤字が死ぬまで続くという結果になったのです。このようなケースは我が家だけでなく、今の子育て世代の家計に多く見られます。その大きな原因は、所得が増えないのに、マイホームや車、保険料、教育費といった支出を抑えないという点にあります。つまり、非常にバランスが悪いのです。支出面を身の丈にあったものへとシフトし、時間とお金を有効に使って資産を形成できるように一歩踏み出せるかどうかが、老後難民となるか、ハッピーな老後を迎えるかの分かれ道となります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >