2018/05/10 08:10

親孝行のお金で考え直したい3つのパターン

親孝行に対してどの位お金を使っていくのが良いのでしょうか?感謝の気持ちと金額は比例しませんが、少しは何かしてあげたいという方もいれば、これ以上お金をねん出できないという方もいるでしょう。家計と感情面とのバランスをとりながら、どのように親孝行に対してお金を使っていけば良いのかお伝えします。
親孝行に対してどの位お金を使っていくのが良いのでしょうか?感謝の気持ちと金額は比例しませんが、少しは何かしてあげたいという方もいれば、これ以上お金をねん出できないという方もいるでしょう。家計と感情面とのバランスをとりながら、どのように親孝行に対してお金を使っていけば良いのかお伝えします。

親孝行に使うお金は「家計に無理のない程度で」が基本

親孝行に使うお金はいくら位が良いのだろうか?と気になることはありませんか?例えば、就職をして初めてのお給料やボーナスで、親にこれまでの感謝の気持ちを込め食事に誘う、プレゼントをするという人は多いのではないでしょうか。

しかし、結婚し子どもを授かり、家族を持ち生活をしていくと家計が苦しい時期があり、親孝行に対するお金が捻出できない事もあるでしょう。いくら位が良いのかというと、基本的には「家計に無理のない程度」で良いでしょう。なぜなら、親の幸せは子どもの幸せだからです。子どもの家計を苦しめてまで親孝行してもらいたいとは親は思わないものです。まずは自分自身の家計を強くさせ、幸せなお金に少し余裕があるのなら、その一部を使って親孝行にお金を使ってみましょう。

悔いの残らない親孝行を

しかし、少し無理が利くなら、親が元気なうちに親孝行してあげたいものです。我が家は共働きという事もあり、両親から多くのサポートを受けています。特に子ども(孫)に関してはお世話になりっぱなしです。だからこそ、感謝の気持ちを込め、ここ数年は一緒に旅行に行くようにしています。しかし、夫が転勤となり単身赴任となりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >