2018/05/11 20:25

豪華装備が追加!2018年式「PCX(JF81)」の試乗インプレッション

PCXが3回目のブラッシュアップにより4代目となりました。人気に後押しされ進化が止まらない2018年式PCX(JF81)の走りは、どのように進化したのか?追加された装備は? その走りを都内の通勤で試乗してインプレッションします
PCXが3回目のブラッシュアップにより4代目となりました。人気に後押しされ進化が止まらない2018年式PCX(JF81)の走りは、どのように進化したのか?追加された装備は? その走りを都内の通勤で試乗してインプレッションします

進化が止まらない!4代目のPCX(JF81)登場!

2018年式PCX(JF81)フロントビュー
原付二種スクーターの人気が高まる中、スズキは二種ブームの火付け役ともいえるアドレスV125、ヤマハはカスタムシーンで絶大な人気を誇るシグナスXを販売していましたが、当時ホンダには花形といえる車種がありませんでした。

そんな中、2010年3月30日に満を持してリリースしたのがPCXです。海外生産にすることで販売価格をおさえ、29万9250円。グローバルモデルとしてリリースされたため、ヨーロッパの石畳やアセアン地域の悪路を走ることを想定し、前後14インチのタイヤを採用していました。

大ヒットとなった初期型PCX
年間販売台数8000台を予定していたところ、発売開始後3週間で7400台を販売するなど圧倒的な人気を獲得。そして2年後の2012年5月11日には、エンジンを新開発のスクーター用グローバルエンジンeSPエンジンに変更。僅かながら馬力と燃費が向上しました。

デザインが大幅に変更された3代目PCX
2014年4月24日には全灯火類をLED化。更に燃料タンク容量を大幅に増加した3代目PCXをリリース。もともと燃費が良かったところに、さらに圧倒的な連続航行距離を手にすることに成功しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >