2018/05/13 21:40

傷病手当金とは?支給条件や期間、金額を解説

傷病手当金は、主に会社員、つまり健康保険加入者が業務外の傷病によって労務不能になり、会社を休んだ時に一定の条件を満たせば支給されます。業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること、連続する3日間を含み、4日以上仕事に就けなかったこと、給与の支払いがないことなどが条件。傷病手当金が支給される期間、支給額なども解説。
傷病手当金は、主に会社員、つまり健康保険加入者が業務外の傷病によって労務不能になり、会社を休んだ時に一定の条件を満たせば支給されます。業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること、連続する3日間を含み、4日以上仕事に就けなかったこと、給与の支払いがないことなどが条件。傷病手当金が支給される期間、支給額なども解説。

傷病手当金が支給される条件とは?

傷病手当金は、主に会社員(健康保険加入者)が業務外の傷病によって労務不能になったときに支給されます。協会けんぽの条件について確認してみましょう。以下、1から4の条件を全部満たしたときに、傷病手当金は支給されます。

1. 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること
自宅療養の期間や自費診療でも、仕事に就けない証明があれば支給対象です(病気と見なされない、例えば美容整形などは対象外)。

2. 仕事に就くことができないこと
仕事に就けない状態の判定は、医師などが仕事内容を考慮して判断します。

3. 連続する3日間を含み、4日以上仕事に就けなかったこと
業務外の事由による病気やケガの療養のため、仕事を連続3日間(待期期間)休んだ後、4日目以降の休んだ日から傷病手当金が支給されます。待期(連続)3日間は有給休暇や土日祝日、公休日も含まれ、給与支払いの有無を問いません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >