2018/05/14 18:30

54歳、モラハラ夫と熟年離婚を考える妻のお金の貯め方

離婚と離婚後のお金にまつわる相談を受けていて思うことは、世の中、離婚したくても、離婚後の生活に不安を感じて、離婚に二の足を踏む女性が多いということです。今回は54歳で、モラハラ夫との熟年離婚を考える妻のお金の貯め方をご紹介します。
離婚と離婚後のお金にまつわる相談を受けていて思うことは、世の中、離婚したくても、離婚後の生活に不安を感じて、離婚に二の足を踏む女性が多いということです。今回は54歳で、モラハラ夫との熟年離婚を考える妻のお金の貯め方をご紹介します。

熟年離婚ビンボーにならないためのお金の準備の仕方

離婚と離婚後のお金にまつわる相談を受けていて思うことは、世の中、離婚したくても、離婚後の生活に不安を感じて、離婚に二の足を踏む女性が多いということです。それでも統計では(厚生労働省・平成27年人口動態調査)平成26年度よりは4091組増加した226198組が離婚しています。増加率が高いのは、同居期間35年以上の夫婦(7.7%増)、ついで同居期間25~30年の夫婦(6.7%増)の離婚です。今回は、この増加率の高い、中高年の熟年離婚を考える妻に焦点を当てて、離婚後の生活を意識した貯蓄の方法について考えてみたいと思います(養育費や子供の進学費用については、ここでは触れません)。

離婚後の生活は決して楽ではない

熟年離婚の場合、財産分与、年金分割(説明は後述)を得たとしても、離婚後の生活は決して楽ではありません。財産分与で、左うちわなどというケースは、資産家のごく一部の離婚の場合です。一般家庭の場合、財産分与のお金をあてにした暮らしを続けていたら十年もたたないうちに無くなってしまうことが多いのです。自分で働いて、自活する力(やりくり力を含めた)を持たないと、離婚ビンボーへと転落してしまうのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >