2018/06/20 20:30

保険見直しの節約効果を検証!

若いころに、生保会社の営業職員に言われた通りに加入し、そのままにしていませんか? その保険にムダがあったら、余分な保険料を払い続けることになります。保険見直しによる節約効果を具体例で検証してみました
若いころに、生保会社の営業職員に言われた通りに加入し、そのままにしていませんか? その保険にムダがあったら、余分な保険料を払い続けることになります。保険見直しによる節約効果を具体例で検証してみました

保険を見直したら、今より保険料の節約ができた!

先日、保険の見直しの相談にみえた方のお話です。Aさん(34歳・男性)は9年前、知り合いの営業職員に進められるままに、10年更新型の定期付終身保険に加入しました。保険料は月約1万2000円です。来年、更新で保険料が月1万円も上がると知ってガクゼンとしました。それに、保障額も必要以上に多いような気がして見直したいとのこと。

現在のAさんに必要な死亡保障額は3000万円程度でいいと思われました。Aさんが想像した通り、加入している保険は1000万円ほど多すぎました。

そこで、Aさんには、あるネット生保の定期保険3000万円(55歳満了)と、入院1日当たり1万円の終身医療保険(終身払い)で保険料の見積もりをしてもらったところ、月約9000円でした。今の保険料より安く必要な保障が準備できることが分かりました。それに、そのまま見直さずにいたら、来年から月約2万2000円の保険料を払い続けることになったわけですから、今回の見直しで保険料の節約はそれなりに効果がありました。そして、今の保険を更新したら、さらに10年後にまた更新で保険料は上がります。それを防げたことを考慮すると、節約効果は大きいと言えます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >