2018/06/22 20:30

持病がある人必見!保険加入をあきらめないで!

保険に入ろうと思っていた矢先に病気になってしまった、保険をプラスしたいけれど持病がある――このような人たちは保険をあきらめているかもしれません。でも、大丈夫。持病があっても申し込める保険があるのです。どのような保険なのでしょうか。
保険に入ろうと思っていた矢先に病気になってしまった、保険をプラスしたいけれど持病がある――このような人たちは保険をあきらめているかもしれません。でも、大丈夫。持病があっても申し込める保険があるのです。どのような保険なのでしょうか。

病気の人も同じ保険料で加入できたら不公平

生命保険は、多くの人が保険料を払って加入し、加入者の誰かが死亡したり入院したときなどにお金を出すことで助け合うしくみです。この「助け合いの輪」の中に、すでに病気にかかっている人が同じ保険料で加入できたら不公平ですよね。健康な人と比べて、死亡や入院の確率が高いからです。

そこで、生命保険会社では、加入者のリスクが一定の範囲内に収まる「引受基準」を設けて加入者同士の公平性を保ちます。具体的には、「診査・告知」という方法で、現在の健康状態や過去の入院歴、職業などを確認します。「診査・告知」を受けた保険会社が、この健康状態なら契約を引き受けても大丈夫と判断すれば無条件で加入できます。やはり、「保険は健康なうちに入るもの」ですね。

でも、引受基準からこぼれてしまった人、つまり、病気で入退院後あまり時間がたっていない、持病で通院治療を継続している、といった人でも保険加入の扉は閉ざされているわけではありません。その方法としては、次の3つあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >