2018/08/10 18:30

50代シングル女性の住まいの考え方は?買う?買わない?

これまではライフスタイルに応じて賃貸住まいを楽しんできた人も、50代を過ぎてそろそろ定年が見えてくると、住まいを今後どうしたらいいのかを考えるのではないでしょうか。50代以降に住まいを選ぶ上で押さえておきたいポイントについて解説します
これまではライフスタイルに応じて賃貸住まいを楽しんできた人も、50代を過ぎてそろそろ定年が見えてくると、住まいを今後どうしたらいいのかを考えるのではないでしょうか。50代以降に住まいを選ぶ上で押さえておきたいポイントについて解説します

50代シングル女性の住まいの選び方、どうする?

これまではライフスタイルに応じて賃貸住まいを楽しんできた人も、50代を過ぎてそろそろ定年が見えてくると、住まいを今後どうしたらいいのか、と考えるのではないでしょうか。そんなシングル50代女性の住まいの考え方のポイントをお伝えします。

ずっと賃貸がいい?賃貸の場合は、少し余裕をもったマネープランが必要

将来の変化に応じて身軽に対応できることが「賃貸住宅」のメリットです。更新が近くなった方からのご相談内容で多いのは、これまで通り住み続けるか、希望の住まいに引っ越すかで、皆さん悩ましいところではあるようです。

ただ、年齢が高くなるにしたがって、賃貸住宅の転居はしにくくなってきます。その理由として、申し込み時に健康で貯蓄があっても、入居審査が通らない結果になる場合があります。それを考慮すると、ある程度の年齢になったら「終の棲家」としての賃貸住宅を選ぶ必要があります。たとえば、高齢者賃貸住宅を早めに検討することもいいでしょう。シングルで介護になった時の不安も解消できるサポートがついている物件もあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >