2019/02/17 20:45

どうしてこんなつらい目に…つわりを軽減する10の対処法

つわりの症状がひどかったり、いつまでも続いていたりすると落ち込んでしまうかもしれません。でも、つわりは赤ちゃんがおなかの中で元気に育っている証拠です
つわりの症状がひどかったり、いつまでも続いていたりすると落ち込んでしまうかもしれません。でも、つわりは赤ちゃんがおなかの中で元気に育っている証拠です
つわりの症状がひどく、また、いつまでも続いていたりすると、「どうして私ばかりこんなつらい目にあうの?」「もしかして、一生こんなことが続くのじゃないでしょうね」などと落ち込んでしまうかもしれません。

つわりを乗り切る10のコツ

残念ながら今のところつわりは治すことはできず、ただ終わるのを待つしかありません。それでも、症状を軽くしていくコツはあります。つわりで苦しんでいる妊婦さんは、試してみてください。

●気分が悪くなったらすぐに休みましょう

●おなかがすく(胃が空になる)前にこまめに食べるようにしましょう。胃が空になると、胃酸がでてきて、むかつきを感じやすくなります。また食事の間隔があくと、血糖値が下がって、吐き気を催します

●たんぱく質と複合炭水化物(主食といわれる、米、うどんその他麺類、パン、マフィン、パスタ、クラッカー)をできるだけとりましょう。どちらもつわりの予防になると言われています

●つわりのことを朝の病気(morning sickness)と呼ぶのは、朝は胃が空っぽになっていて、むかつきが増悪することが多いからです。夜寝る前に、軽食をとり、朝も起き上がる前に、ベッドのなかで複合炭水化物をとるようにしましょう

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >