2019/02/25 20:45

「浪人」して成功するタイプ・失敗するタイプ

第一志望の大学に合格できなかったが、滑り止めには合格したという場合、浪人か進学するのか迷う人もいるでしょう。
第一志望の大学に合格できなかったが、滑り止めには合格したという場合、浪人か進学するのか迷う人もいるでしょう。

人生の分岐点! 第1志望校のために浪人するか/滑り止めに進学するか

どこの大学も合格ができなかった場合は、浪人せざるを得ない。しかし第2志望以下の大学に合格している時には選択を迫られる。このまま大学に進学するべきなのか。あるいは浪人して第1志望の大学を目指すべきなのか。

浪人してどれくらい学力は伸びるものなのでしょう? 浪人するか否かの決意には、もし再び不合格となり失敗したらという不安もあるでしょう。実際に浪人した生徒の実例を挙げながら説明します。

浪人して学力が伸びるタイプの生徒

浪人して伸びるのはズバリ「楽観的なタイプの生徒」である。一概に分類することは危険だが、悲観的な生徒は失敗を常に悪いように考えてしまう。一方、楽観的な生徒は出来ないことも我慢でき、いずれできるだろうと考えられる。

受験勉強には即効性のあるものはない。奇跡のテクニックなどがあるように言う人もいるが、実際は一つの方便として言っているに過ぎない。世の中のことすべてに言えるように、結果が実を結ぶまで、ある程度忍耐して継続できるかどうかがカギとなる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >