2019/02/21 12:20

高いモノが高級品ではない?不思議な「投資」の世界

高いモノが高級品、そんな当たり前が通用しないのが「投資」の世界の不思議なところです。だとすれば、「安くて質のいいモノ」を選びたいところですが、選ぶポイントは?
高いモノが高級品、そんな当たり前が通用しないのが「投資」の世界の不思議なところです。だとすれば、「安くて質のいいモノ」を選びたいところですが、選ぶポイントは?

値段が高いモノが高級品、当たり前の論理のはずが……

値段が高いことは概ね品質の高さを意味し、私たちはそれが当たり前だと思っています。スーパーマーケットの魚売り場に行けば、100円の魚より1000円の魚のほうが高級品ですから、美味しいであろうと考えます。

100万円の軽自動車より400万円の普通自動車のほうが、パワフルで安全性能が高いと考えますし、1000円の服よりも3万円の有名ブランドの服のほうが、質が高くオシャレだと考えるのは、当たり前のことです。

ところが「値段が高い=高品質」とは限らないのが、投資の世界の不思議なルールです。しかし、このルールを知っておくだけで、投資との付き合い方はがらりと変わってきます。今回のマネーハックは、あなたの発想を転換する「投資のお値段」の話をしてみましょう。

投資においての「高い」は手数料に着目する

投資において何が高いと考えるか、まず整理してみましょう。株価が上がったり下がったりすることでの値動きのことではありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >