2019/02/20 08:10

年代別で見る!消費税アップ後の家計見直しのポイント

2019年10月から、消費税が8%から10%に引き上げられることが決定。家計防衛をするために節約関連の話題が多くなりました。今回は、少し視点を変えて、年代別の消費税アップ後の家計見直しのポイントを紹介します
2019年10月から、消費税が8%から10%に引き上げられることが決定。家計防衛をするために節約関連の話題が多くなりました。今回は、少し視点を変えて、年代別の消費税アップ後の家計見直しのポイントを紹介します

5年半ぶりの消費増税、家計防衛対策を考えよう

2019年10月から、消費税率が8%から10%に引き上げられることが正式に決定しました。5年半ぶりの消費税増税に備え、家計防衛のための節約関連の話題も耳にするようになりました。筆者も消費税増税が報道される前から、消費税増税対策の記事を書いていますが、今回は、少し視点を変えて、年代別に見た、家計見直しのポイントを紹介します。

年代別に見た家計見直しのポイント

家計を見直す場合、支出金額の多いものから見直した方が、節約効果が高いと言われています。そこで、家計調査から見た年代別の支出の特徴をもとに、節約のポイントを考えてみました。

参考:家計調査「家計簿からみたファミリーライフ」第4章 年齢階級別に見た暮らしの特徴

30歳未満の節約のポイント:住居費の見直し

30歳未満の世帯主の年齢が若い世帯ほど、住居費への支出が多くなる傾向があります。家賃には消費税がかからないため、消費税増税の影響を受けませんが、家計の見直しポイントとしては住居費になります。同じ間取り・タイプの賃貸住宅を見たとき、沿線ごとに家賃相場が異なり、同じ沿線であれば主要ターミナル駅からの距離、そして最寄りの駅から賃貸住宅までの距離によって家賃が決まります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >