2019/03/03 16:45

取れた「差し歯」を接着剤でつけると危険!?

前歯の差し歯が取れたので、自分で差し込んでみたら、意外と使えそう……。このまま接着剤でつければ解決するのでは?と考えてしまう人もいるようですが、痛みが出たり、歯の根が縦に割けたりするリスクがあり危険です。
前歯の差し歯が取れたので、自分で差し込んでみたら、意外と使えそう……。このまま接着剤でつければ解決するのでは?と考えてしまう人もいるようですが、痛みが出たり、歯の根が縦に割けたりするリスクがあり危険です。

差し歯が取れた! 自分で接着剤でつけてはダメ?

問題なく使っていた前歯の差し歯が、突然土台ごと抜けてしまうことがあります。前歯が抜けたままではみっともない……。そっと指で戻してみると、意外とピッタリと嵌って大丈夫そうに感じることもあるかもしれません。
左が「被せ物」。自分の歯に白い色の被せ物を被せるだけ。右が「差し歯」。大きな虫歯で、左のような歯の形に出来ない時に神経を抜いた穴に柱を差し込んで土台を作り、さらに被せ物を被せている
「市販の接着剤でつけたらダメなのだろうか……?」と考えてしまう方もいるようですが、差し歯が取れてしまったら、すぐに歯科に行くしかありません。自分で治そうとしたり、接着剤でくっつけたりすることは、絶対にしてはいけないことだと思ってください。

接着剤がしっかりついてしまうと、治療が必要な場合に外すことが出来ないので治療が長引きます。そして、歯が使えなくなってしまうことになります。

なお今回解説するのは、神経を取った後の歯に金属の土台を差し込み、その土台に被せて作る「差し歯」のことです。単に歯に被せているものは「差し歯」ではなく「被せ物」といいます。

差し歯を自分で戻すと起こること

差し歯は、神経を取った後の歯の根の部分の穴に土台が柱のように差し込まれている。取れてしまうと中の柱も一緒に抜けてくることがある
すぐまた取れる
取れた原因を治さずに戻しているため、当然ながらまた取れる可能性が高い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >