2019/02/17 18:30

国民年金の満額とは?満額もらえない人が満額に近づける方法

国民年金の満額とは平成30年度価額で77万9300円です。年金額を満額にするのは結構難しいことです。満額に近づける方法も解説します
国民年金の満額とは平成30年度価額で77万9300円です。年金額を満額にするのは結構難しいことです。満額に近づける方法も解説します

国民年金とは?

国民年金とは、日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人が年金保険料を納め、65歳以上で老後の年金を受け取る国による強制保険です。年金には老後の年金の他に、死亡による遺族年金、一定の障害になったときのための障害年金もあります。

国民年金から支給される年金は、老齢基礎年金、遺族基礎年金、障害基礎年金といいます。

国民年金の満額とは?

国民年金の満額は、一般に老齢基礎年金の満額をいい、平成30年度価額で77万9300円です。平成29年度も同額でしたが、原則毎年、若干変わります。満額とは20歳から60歳まで40年間(480カ月)、毎年満額の年金保険料(平成30年度は月額1万6340円)を払い続けた場合の年金額です。

年金額を満額にするのは結構難しく、どこかで満額の保険料を支払ってない時期があり、その分満額より少なくなっている人も多いのです。例えば、1浪し19歳で大学入学、23歳で卒業するまで(20歳から23歳まで36カ月)、年金保険料を滞納し、卒業後は会社勤めを60歳までした場合の年金額を計算します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

先祖代々伝わることを守ると吉。仏壇に手をあわせたり、都合が...もっと見る >