2019/02/19 20:30

子育てと同時の介護も……夫婦でどう備える?

ダブルケアとは、「子育てと親・義親の介護(世話・見守り含む)を同時に行う」という意味。晩婚化などの影響で、子育てと介護を同時期に行う人「ダブルケアラー」が増えています。ダブルケア経験者の声をもとに、備え方についてご紹介します
ダブルケアとは、「子育てと親・義親の介護(世話・見守り含む)を同時に行う」という意味。晩婚化などの影響で、子育てと介護を同時期に行う人「ダブルケアラー」が増えています。ダブルケア経験者の声をもとに、備え方についてご紹介します

ダブルケアを経験したことがある人は約3割!

皆さんは、ダブルケアという言葉をご存知ですか? ダブルケアとは、「子育てと親・義親の介護(世話・見守り含む)を同時に行う」という意味です。結婚年齢や出産年齢が上がり、子育て期間と介護の期間が重なる人が増えています。年の差婚で、夫が40代以上という方は、妻が20代~30代でもダブルケアになる可能性があります。

ソニー生命「ダブルケアに関する調査2018」で、「全国の大学生以下の子どもを持つ30歳~55歳の男女17,049名」に、ダブルケアについて自身の状況を聞いたところ、「過去にダブルケアを経験したことがある」人は12.8%、「現在ダブルケアに直面中」の人は12.3%、「現在直面中で過去にも経験がある」人は4.0%と、ダブルケアを経験したことがある人は29.1%(約3割)いることが分かりました。

また、「数年先にダブルケアに直面する」と回答した人も7.5%いるそうです。年代が上がるにつれてダブルケアの経験者が増えるそうですが、30代でも約25%(4人に1人)はダブルケアの経験者とのこと。想像以上に多いと感じました。

ダブルケアの実態は?

前出の調査で、「ダブルケアを経験したことがある男女1,000名」を対象に、「親や義親の世話・見守り・介護にどう関わっている(いた)か」を聞いたところ、主なものは

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >