2019/02/20 18:30

年金をもらっていた人が亡くなった時にはどうする?

年金をもらっている人が亡くなった場合、遺族が受け取れるものとして、遺族厚生年金、死亡一時金、寡婦年金、未支給の年金などいろいろあります
年金をもらっている人が亡くなった場合、遺族が受け取れるものとして、遺族厚生年金、死亡一時金、寡婦年金、未支給の年金などいろいろあります

もらっていた年金によって遺族が受け取れるものが異なる

親や配偶者といった身内が亡くなると、周囲に知らせてお葬式を行ったり、死亡届の提出、遺言等の確認、死亡後の確定申告など、もろもろやらなければならないことがありますが、なんと言っても気になるのは生活に関わる「年金」のことではないでしょうか?

年金をもらっている人が亡くなった場合、遺族が受け取れるものとして、遺族厚生年金、死亡一時金、寡婦年金、未支給の年金などいろいろあります。

亡くなった方の厚生年金期間の長短や性別、年齢、現役時代の働き方等によっても、遺族の種類によっても受け取れるものは異なります。

ケース別に確認してみましょう。 厚生年金期間が20年以上ある、年金をもらっている人が亡くなった場合、遺族は遺族年金を請求できます。

請求できる遺族は、死亡者に生計を維持されていた配偶者、子、父母、孫、祖父母で、夫、父母、祖父母は死亡当時55歳以上であることが必要です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >