2019/02/21 08:10

取引銀行を分散させたほうがいい理由とは?

銀行と上手に付き合うことで、借入の可否や金利に影響することがあります。どのように銀行と付き合っていけば良いのかお伝えします
銀行と上手に付き合うことで、借入の可否や金利に影響することがあります。どのように銀行と付き合っていけば良いのかお伝えします

銀行との付き合い方に注意が必要な理由とは?

銀行は「預金先」という存在だけではなく、「借入先」であったり、投資信託や保険商品の販売窓口等、預金以外にも様々な分野で銀行でお付き合いすることになります。

一般的に「給与振込口座」がメインバンクになることが多く、そこから家賃や水道光熱費等の引き落とし、定期預金や定期積立、車や住宅、教育ローンといった借入れ先になることが多いのではないでしょうか。さらに、ローンを組む時にも、今までの銀行との付き合い方が、借入れの可否や金利に影響することがあります。どのような付き合い方をしていけば良いのか、お伝えしましょう。

お金を借りる時に、信用情報の「審査」で初めて不安になる

普段何気なく利用している銀行でも、車や住宅・教育ローンといった借入れ先として銀行を利用する時、私達は銀行に「お金を貸しても毎月滞納なく返済してくれる人物だろうか?」と信用状況を「審査」されます。

多くの人は、「審査」される時になって初めて、「審査に通るだろうか?」「そもそも、これまで自分のお金の使い方は間違っていなかっただろうか……?」と若干の不安を抱えるようになります。特に数千万円の借入れになる住宅ローンの審査ではローンの審査が通るのか? と心配する人が多くなります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >