2019/07/22 11:30

要注意!配偶者特別控除「141万円」が201万円に?

主婦が働きに出る時、年収を103万円に抑えようとした配偶者控除。これが2018年から150万円になりました。141万円まで受けられた配偶者特別控除は201万円に引き上げられました。
主婦が働きに出る時、年収を103万円に抑えようとした配偶者控除。これが2018年から150万円になりました。141万円まで受けられた配偶者特別控除は201万円に引き上げられました。

2018年から主婦が働きに出る時の年収の注意点

主婦が働く時に、必ず考えるのが世帯収入での損得のライン。年収103万円以内で働くというのが、一般的な考え方でした。 2018年からは、この年収103万円のラインが150万円に引き上げられています。

その他にも、社会保険の扶養である年収130万円というのもひとつのポイントでした。この「130万円の壁」ですが、一部の人には「106万円の壁」に引き下げられています。

こんなにたくさんある壁ですが、他にも配偶者特別控除の「141万円の壁」がありました。これが新しく201万円になっています。サラリーマンの夫、パートの妻の夫婦の場合にこれらの控除がどうなるのかをみてみましょう。

配偶者控除のライン103万円→150万円

2017年までの所得税の配偶者控除「103万円の壁」は、主婦などがパートなどの給与年収103万円以内で働いたら

●自分自身が所得税を払わなくていい
●夫の所得税の計算時、配偶者控除が受けられる

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >