2019/09/14 22:20

54歳、専業主婦。貯金は約5000万円。夫の定年後は旅行などを楽しめる?

夫婦の両親4人を介護する54歳の専業主婦の方。金融資産は約5000万円あるものの、今年から夫の年収が20%ダウン、教育費が定年の翌年まで続くなど、収支バランスが不安定な定年前後のマネープランに不安を感じるといいます。
夫婦の両親4人を介護する54歳の専業主婦の方。金融資産は約5000万円あるものの、今年から夫の年収が20%ダウン、教育費が定年の翌年まで続くなど、収支バランスが不安定な定年前後のマネープランに不安を感じるといいます。

今年から夫の年収が20%ダウン。教育費が定年の翌年までかかります

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。

今回の相談者は、夫婦の両親4人を介護する54歳の専業主婦の方。金融資産は約5000万円あるものの、今年から夫の年収が20%ダウン、教育費が定年の翌年まで続くなど、収支バランスが不安定な定年前後のマネープランに不安を感じるといいます。

そんなクリムさんのお悩みに、ファイナンシャル・プランナーの畠中雅子さんがアドバイスします。

相談者

クリムさん(仮名)
女性/専業主婦/54歳
大阪府/持ち家(マンション)

家族構成

夫(会社員/57歳)、子ども(19歳)

相談内容

夫定年後の61歳の年度末に子どもが大学卒業予定のため、定年後の収入が減った後に学費(私学文系)1年分120万円が必要です。

65歳以降は長年頑張ってくれた夫と旅行などを楽しみたいと話していますが、私と夫の年齢差は4歳で、夫が65~68歳の4年間の収入は夫の年金のみになることがとても不安です。

・今年度より主人の年収が20%減となりました、月間の手取り収入が43万円になってしまいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >