2017/06/28 19:10

野菜や果物で肖像画!? 話題の“アルチンボルドメーカー”をやってみた!

上野の国立西洋美術館でスタートした『アルチンボルド展』。16世紀後半に活躍した画家の展覧会ですが、この会場入り口に “アルチンボルドメーカー” なるものが登場し、話題になっています。プレス内覧会を取材してきましたので、レポートします!

■ どんな展覧会?

【女子的アートナビ】vol. 73

『アルチンボルド展』では、イタリア・ミラノ出身の画家、ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593)の油彩画と素描を中心に、約100点の作品を紹介。代表作の『四季』が日本ではじめて一挙公開されるということで、美術ファンに注目されている展覧会です。

とはいえ、アルチンボルドという名前は初耳という人も多いかと思います。画家についての詳細はさておき、まずは企画展示室の入り口にある “アルチンボルドメーカー” で記念撮影にチャレンジしてみましょう。

“アルチンボルドメーカー” は、個人の顔だちにあわせて、野菜や果物で自分の肖像画をつくってくれる記念撮影コーナーです。でも、なぜ野菜や果物? それは、アルチンボルドが食べ物や植物、動物などを組み合わせて人間の顔を描いたことで知られる画家だからです。「もしもアルチンボルドが私の顔を描いたら、どんなふうになるのだろう?」そんな夢を最新のデジタル技術が叶えてくれます。

ということで、私もチャレンジ。この写真は…閲覧禁止レベルかもしれません。ちょっと『進撃の巨人』も入っている感じ。怖すぎます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >