2017/06/29 20:00

「ランサムウェア」で大混乱! “サイバーテロ”の危険性と今後の対策とは

意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「サイバーテロ」です。


■ サイバー空間は戦場。個人が巻き込まれる恐れも。

5月に世界中で、病院や企業を狙った大規模なサイバーテロ(サイバー攻撃)が起きました。「ランサムウェア」というウイルスがばらまかれ、感染したファイルは暗号化され、解除するために身代金が要求されたのです。世界150か国以上が被害に遭い大混乱をきたしました。いまや世界のインフラは、ほとんどがオンライン管理ですから、サイバーテロにより、政府や金融機関、医療機関、原子力発電所やダムなど、あらゆる場所でシステムがダウンしたり、大量の個人情報が流出するなどの危険性があります。誰が攻撃を仕掛けているのか、海外の複数のサーバーを経由していると特定も困難です。

2015年、当時のオバマ大統領は、米国の機密情報を盗んだと中国を名指しで批判。サイバーテロに対しては軍事力による報復も辞さないと言いました。アメリカはサイバーテロ対策の今年の予算に前年度より35%増の2兆2000億円を計上。サイバーテロ対策部隊も2014年は1800人だったのを6000人に増やしたそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >