2017/06/28 12:30

話題の藤田貴大さん「昔から、観察の対象が女子だった」

anan誌上で連載していた藤田貴大さんのエッセイ『おんなのこはもりのなか』の書籍化に合わせ、下北沢の『本屋B&B』にてトークイベントが開催。偶然にも、NHK BSプレミアム『ネクストブレーカー』で又吉直樹さん推薦のネクストブレイカーとして藤田さんが取り上げられた翌日という絶妙なタイミングで、大盛況となりました。

文・望月リサ

参加者の方々には事前に、藤田さんへの質問や書籍の感想の紙への記入をお願い。集まった回答は、どれも紙に小さく丁寧な文字でびっしりと書き込まれ、熱意の伝わるものばかり。そのなかから、いくつかピックアップした質問を藤田さんに投げ、答えていただくという形式で進行してゆくことに。

たくさんの拍手に迎えられ現れた藤田さんは、なぜか少し恐縮気味(その理由は、後々わかってくるのですが…)。簡単に紹介を済ませると、導入代わりに、下北沢との浅からぬ縁について語り始めます。下北沢といえば、言わずと知れた演劇の街ではあるけれど、藤田さん率いるマームとジプシーは、下北沢の劇場とは縁がありません。しかし、北海道伊達市で、幼い頃から演劇に触れて育った藤田青年にとって、上京したての頃の下北沢は当然憧れの街だったそうで、書店でバイトをしていたこともあったとか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >