2017/07/09 14:00

「天気痛」?? “気圧”が体の不調を招く場合…

時々無性に頭が痛かったり、気分が沈んだり…。もしかしてそれ、天気が崩れる前に起こるのでは? そんな人は“気圧”に注目。そのメカニズムや対策を知って、日頃の不調から解放されましょう!


■ 気圧の変化が慢性的な心身の不調を刺激する。

そもそも気圧以前に、天気そのものと人間の体調には、深い関係があるという。

「天気が悪い日は調子が優れないという経験をしたことがある人もいると思いますが、それは単なる偶然ではありません。天気の影響で体調を崩すことを医療現場では『気象病』といって、昔からよく知られていました。気象病のトリガーは、気温や湿度、気圧の変化など天気に関わること全般。しかし、なかでも私が注目したのが気圧の変化。頭痛など痛みを伴う症状や気分障害には、気圧が大きく関わっていると分かったのです」

そう話すのは、気圧と不調の関係を「天気痛」と名付けて近年注目を集めている気圧医学の第一人者、佐藤純先生。天気痛との関連が考えられるのは上記の症状。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >