2017/07/07 20:30

【気づけば収入激減!】セミヌードも見せた元グラドルに起きた事態とは?

自身がプロデュースした商品のロイヤリティで十分生活が潤っていた筆者・小阪。転身した美容家の仕事はおろそかになり、昔から憧れていた執筆業に専念していたが、ある出来事が起こり……。

文・小阪有花

【グラドルから保育園へ】
vol. 63

■ 生活は執筆中心、プロデュース商品のロイヤリティで暮らす

好きなことをやり続けることで心穏やかな時間を過ごしていたが、それを続けることができるのは、成功が共にあることが条件だ。それを痛感させられたのが、この時だった。

この頃、自分がプロデュースした商品のロイヤリティで生活していた私は、美容家の仕事に手をつけることもなくなっていた。自分の周りにダイエットをしたい人がいなくなった時点で、新しいお客さんを探そうという思考にはならなかった。もともと欲深い性格ではないので、必要最低限に生活できていれば、後は自分の好きなことをやれているだけで幸せだった。

自分の頭を使うのはタダであり、物を書くのにはお金がかからない。だから、私はいつしか美容家の仕事すら、お客がいなくなった段階で放棄し、自分のやりたいこと、物を書くことだけに没頭していた。そんな時、自分の商品があることがきっかけで売り上げがドンと下がってしまった。この頃、消費税が5パーセントから8パーセントに上がると発表された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >