2017/07/26 16:02

【自然の恵みで美人度UP?!】この夏は自然を味わいつくす田舎旅で心も体もキレイになる

「砂糖代わりのデーツの甘みが濃厚! 満足感も◎」
(岩間さん)

続いては、店主の長尾さんがじっくり丁寧に淹れるコーヒーが評判の長尾農園・珈琲部さん。

約20年前に池田町へ移住してきた店主の長尾さんは、町おこし発起人の一人。

「池田町は、いろいろなところを旅してきた人がそのまま住み続けるほど、居心地の良い町なんです。なにより人があたたかいのが、この町の自慢ですね。みんな、どこまでも柔軟に進化するこの町が好きなんです」
(長尾さん)

自然、環境、食…池田町の魅力を挙げたらきりがないけれど、一番はやっぱり人のあたたかさ。
町民と気楽なおしゃべりも楽しめる「いけだマルシェ」に来れば、ちょっとした会話から池田町を10倍好きになる情報を教えてもらったり繋がりをもったりと、都会のそれとはまた異なる人の温かさに触れることができます。お腹も心も満たされるから、タイミングが合えばぜひ立ち寄ってみてくださいね。

■ 思い出に浸りながら学べる、おとなの合宿場「農村deキャンプセンター」に宿泊

今回の宿泊先は、廃校になった小学校をリノベーションしてつくられた
「農村deキャンプセンター」
。小学校というだけあって、施設内はめちゃくちゃひろーーーーい! 廊下は走るなって小学生のときに言われたけど、いまなら走ってもいい気がしてきます。そんなかんじで、つい開放的な気分になってしまうほど広々。大人数での集団合宿を考えているなら、まず候補にいれるべき。
調理実習室。筆者の出身校にも同じものがありました。全国共通なのでしょうか。

調理実習室に音楽室、体育館まで、小学校の名残をしっかりと残した施設内。一歩足を踏み入れれば、あのころにタイムスリップしたかのような懐かしい気持ちが湧き上がることでしょう。
学習室にて。昔はあんなに大きかったのに…時の流れを噛みしめ中


今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >