2017/07/24 19:30

ギョッかわいい♡ 科博で水深6000m級の魚たちに会ってきた!

夏にぴったりの “海” にまつわる展覧会、特別展「深海2017」が上野の国立科学博物館ではじまりました。会場には、美しすぎる発光生物や超巨大な “ダイオウイカ” の標本など、驚きの生き物たちが勢ぞろい! ギョッとするけどかわいい魚にも会ってきました!

■ 特別展「深海2017」に潜入!

【女子的アートナビ】vol. 77

特別展「深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~」の会場は、国立科学博物館、通称 “科博”。なんとなく子供が行く場所、というイメージを持たれているかもしれませんが、そんなことはありません! 今や大人のほうが夢中になってしまう展覧会がほとんど。夜間オープンしている日もあり、デートでも人気スポットになっているんです。

今回の展覧会では、深海にいる生き物たちの生態が、標本や最新映像、CGなどを使って紹介されているとのこと。期待を胸にプレス内覧会に潜入です!

■ 発光生物が美しすぎる~!

入ってすぐのところにあるのが「生物発光シアター」。なんだかワクワクするネーミングです。発光する生物って、いったい何なんでしょう?

入り口に、ちゃんと説明がありました。ジュニア向けの解説なので、とってもわかりやすい! この解説によると、発光生物は「陸上から海の中まで、地球上に数万種類もいる」といわれ、光る理由も「敵から逃げる、獲物をとらえる」などさまざまあるようです。

そして…、発光生物の最新映像が出てきました! 驚きの美しさです。映像そのものは撮影NGなので、画像を借りました。驚異の発光物体 “クロカムリクラゲ”。刺激を受けると体全体が光ります。この映像は深海生物には見えない赤いライトを当てて撮影されたそう。最新の4K超高感度カメラを使っているとのことで、本当にきれいでした。

映像だけでなく、標本もあります。この写真は、おなじみのチョウチンアンコウ。顔の先についている突起物は “誘因突起”、その先端にあるものは “擬餌状体” と呼ばれています。この擬餌状体が発光して獲物をおびき寄せる、と考えられているそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >