2017/07/29 22:00

W杯を批判した曲が話題に 英の18歳シンガー・デクラン・マッケンナって?

あどけない表情の18歳。先日、初来日を果たしたデクラン・マッケンナは、イギリスの新しい世代のシンガーソングライターとして注目の存在だ。


デビューアルバム『ホワット・ドゥ・ユー・シンク・アバウト・ザ・カー?』は、彼が15歳から17歳までに作り上げた作品集。ちょっとハスキーな声と洗練された音づくりも含め、その早熟さに驚かされる。

「両親やきょうだい、いとこたちも音楽が好きだったので、家の中にいつも音楽があったんだ。僕は6人きょうだいの末っ子なので、姉や兄たちが楽器を弾いたり、バンドの真似事をやったりするのを見て、カッコいいなぁと憧れていたからね。物心つく前から、ごく自然に歌ったり、ギターを弾いたりしていたんだよ」

そんな環境で育ったデクランは、13歳から本格的に曲を作り始め、15歳で発表した『ブラジル』が大きな話題に。‘14年のブラジルサッカーワールドカップを痛烈に批判した曲で、しかも歌っているのが15歳の少年だということで、イギリスの音楽シーンで瞬く間にニュースになった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >