2017/08/15 19:00

【夏のキモエロ♡】ベルギー発、ちょっとヘンなアートを見てきた!

渋谷で開かれている『ベルギー 奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで』展。タイトルからしてタダならぬ雰囲気ですが、実際に行ってみると…想像以上にヘンな作品がいっぱい! キモいのエロいのグロいのからユニークなものまで、充実のアートがそろう展覧会をレポートします!

■ 『ベルギー奇想の系譜』展へ!

【女子的アートナビ】vol. 81

『ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで』が開かれているのは、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアム。

上の写真は、7月下旬に行われたプレス内覧会で撮影しました。

今展では、中世から現代まで、総勢30名の作家による約120点のベルギー美術が集結。ボス派からブリューゲル、ルーベンスにマグリットなど、スター作家たちの作品をまとめて見られるワクワクの展覧会です!

■ まずは、キモい系のスター作品から!

会場では時代順に作品が並んでいるので、まずは15~17世紀のフランドル絵画から展示がはじまっています。入り口を通って少し進むと、ヒエロニムス・ボス工房作の超目玉作品《トゥヌグダルスの幻視》が登場!

一見してヘンな絵です。中央にある巨大な頭部の前に大きな桶が置かれ、そのなかには裸の男女。周囲には、首を落とされた人間や動物、怪物のようなものまで描かれています。この絵の主人公は、左下に描かれている赤い服をきた男性トゥヌグダルス。ここでは彼が眠っている間に巡った地獄の様子が表現されています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >