2017/10/18 16:00

日焼け止めなしで日光浴びる!? 骨を育てる方法が初耳すぎる…

骨粗鬆症なんて遠い先の話、関係ない…なーんて思ってるあなたこそ、危険な骨の話! 今からできる「骨を育てる5つの要素」方法について伊奈病院整形外科部長石橋英明先生と管理栄養士の安中千絵さんに伺いました。

■ 骨を育てる5つの要素

骨は絶えず代謝を続け、1年に全身の骨の約10%が生まれ変わります」と、石橋先生。それにあたり、健全な骨を育てるうえで後押しとなるポイントは、5つ。

「骨の代謝作業は、“破骨細胞”と“骨芽細胞”という2つの細胞請け負われます。破骨細胞が古い骨を溶かし、骨の溶け出した部分に骨芽細胞が集まって、新たな骨を作るという3~4か月のサイクルです。その代謝を助ける生活を、食事や運動、日光浴などで日頃から心がけましょう」

■ 【1】運動:骨に負荷をかける運動を習慣に。

「骨は、運動によって強い衝撃が加わると、それに適応するべく強化されます。とくに縄跳びやバスケットボールなど、ジャンプを伴う運動は、体幹や下肢の骨量を上げるのに効果的です」(石橋先生)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >