2017/12/06 19:00

三十路すぎの独女を追いつめる言葉……「ずっと独身でいるつもり?」 ♯6

三十路すぎの独女を追いつめる言葉……「ずっと独身でいるつもり?」 ♯6
三十路すぎの独女を追いつめる言葉……「ずっと独身でいるつもり?」 ♯6
結婚式に参列して花嫁の美しいドレスを見るたび、「次は私の番よ!」と心に誓うという人も、「いつかはしてみたいけど、まだいいかな」もしくは、「結婚はしたくない!」と思っている人も……。2016年11月に急逝した雨宮まみさんのエッセイ『ずっと独身でいるつもり?』(KKベストセラーズ)を読んで、今一度、自分の結婚観について思いをめぐらせてみてはいかが?

■ 流行語「こじらせ女子」の生みの親

【本棚ダイアリー】vol. 6

私がライターの雨宮まみさんを知ったのは、デビュー作の自伝的エッセイ『女子をこじらせて』(幻冬舎文庫)を読んだときでした。そこにつづられていたのは、AVライターとして性産業界を見つめながら、女性であることを楽しめず、つねに生きづらさを抱えてきた女性の半生と魂の叫び。ものすごく共感できる部分と、「そこまで深く考えなくてもよいのでは?」「もっとラクに生きたらいいのに!」という気持ちが混ざり合って、心がざわざわしたことを覚えています。同時に、「こんなに赤裸々に自分の内部を描けるなんて……。すごい書き手が現れたぞ!」と、同業者としては嫉妬すら覚えたのでした。

2013年には、その本から派生した「こじらせ女子」という言葉が流行語大賞にノミネート。その言葉とともに彼女自身も一躍、時の人になりました。今回紹介するエッセイ集『ずっと独身でいるつもり?』は、2012年7月から2013年8月までウェブで連載していたもの。つまり、「こじらせ女子」ムーブメントど真ん中の時期に執筆された文章なのです。テーマは「結婚」。30代独身女性のリアルが満載です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >