2017/12/19 18:30

服装も仕事も…後輩が憧れるアラサーになるためのポイント3つ

服装も仕事も…後輩が憧れるアラサーになるためのポイント3つ
服装も仕事も…後輩が憧れるアラサーになるためのポイント3つ


後輩に憧れるアラサーになりたいと思いませんか? ファッションや仕事の取り組み方など、目標にしたくなる先輩像をリサーチしました!

文・オリ子

【アンアン総研リサーチ】

■ 憧れる先輩像ってどんな人?

■ ファストファッションもあり!? 飾りすぎない、ナチュラルな美しさがある

「職場の先輩ですが、服装はシンプルできちんとしていて、ユニクロを取り入れる時もいつもかっこよく着こなしているなーと思う」(24歳・会社員)
「小学校からの知り合いで、今32歳でマネージャーの先輩は、30過ぎてから急にカッコよくなって、会うたびにすてきになっている! 服装は落ち着いた服ばかりなのに、一点だけ靴とか鞄で上手にブランドを入れていたりして、大人のおしゃれってこういうのなんだといつも勉強になります」(27歳・その他)

年を重ねると、少しでも若く見せようと頑張りすぎて着飾ってしまう人がいますが、実は逆にケバい印象を与える原因にもなっている可能性も。それよりも、ファストファッションのシンプルな服でもよいので、上手に引き算して着こなせている人は、オシャレに見えるようです。とはいえ、ファストファッションだけでは安っぽく見えてしまいがち。そこは、大人らしく、小物だけでもブランド品を一点加えるだけでグッとオシャレ度を上げることができます。着飾るのではなく、シンプルかつ品のあるコーディネートを意識することが、憧れられるオトナの女になるためのポイントなのかもしれません。

■ 何があっても動じないで、落ち着いている

「会社はだいたいみんな年上の女性ばかりなのですが、特に直属の27歳の先輩はその他の年上の先輩よりも落ち着いていて、いつもどっしり構えている態度がカッコよく憧れています! ヒステリックに愚痴を言ったりしないし、上司にもはっきり意見を言っていてカッコいいと思った」(25歳・会社員)

「落ち着いて仕事をこなす女性は、私も経験積んだらあんなふうになれるのかなって、憧れます」(23歳・会社員)

若い子がなかなか身につけられないもの、それは経験を積んだからこそ出る落ち着き感。どんな状況でも冷静で、さらに必要な時はたとえ上司であってもしっかりと意見を言える先輩は、後輩から見て憧れの存在になるようです。みなさんはいかがですか? いざという時にもどっしり構えられる大人のオンナでいたいものですね。

■ 若い子にはない、オトナの色気がある

「私には絶対にだせない、色気がある先輩はうらやましくて憧れる。プライベートもすごく気になります!」(23歳・事務)

「会社の30歳の先輩で、そもそも顔が美人だからかもだけど色気のある先輩がいていつも男子にちやほやされている。性格はあまり自分とは合わないけど、あの色気と雰囲気はあこがれる!」(22歳・事務)

オトナの色気、それはやっぱり年を重ねていないと出せない、アラサー女子の特権でもあります。結婚や出産を機につい見た目へのこだわりも薄くなってしまいがちですが、そこはしっかりオンナということを意識して気を抜かずにいたいものですよね。たまには少し高めな大人の色気が出るお洋服を新調しにお出かけしてみてはいかがでしょうか。ファッションを変えるだけで気分も変わってくるはず!

■ 憧れられるのは自分を持っている大人のオンナ

みなさんは、「自分は少しは憧れられているオンナかな」なんて思える自信ありますか。せっかくなら、周りの子から「あの先輩いいな」と思われる存在でいたいものですよね。

(C)CoffeeAndMilk/Gettyimages
(C)South_agency/Gettyimages

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >