2018/01/22 15:00

”妄想” ではなかったと思う。統合失調症で数か月外に出られなかった日々

”妄想” ではなかったと思う。統合失調症で数か月外に出られなかった日々
”妄想” ではなかったと思う。統合失調症で数か月外に出られなかった日々
統合失調症は、幻覚や幻聴、被害妄想といった症状が出るため、数多くある精神疾患のなかでも偏見が強いものでもあります。「関わりたくない」と思われてしまうのでしょうか。以前私は統合失調症と診断されたことがありますが、しばらく落ち着いていました。しかし、去年になって再発。リアルな体験記としてお伝えできればと思います。

文・七海

■ 実は、記憶が曖昧なんです。
しんどかったという感情だけが残っている

去年、数か月間統合失調症を再発していました。快方に向かってからしばらく経った今、そういった症状は出なくなってきました。今、あの頃のことを思い出そうとすると、しんどかったという感情と涙が先に出てきます。しかし、実際には記憶が曖昧であるところがあります。家族との会話や知人に泣きながら電話をかけたことなど、言われても思い出せないものが多くあります。今ではたくさんの人に迷惑をかけたと強く思っているけれど、その当時の心持ちがあまり定かでなく、自分自身でも怖くなる部分があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >