2018/01/25 18:30

あまりのリアルさに僧侶が涙…貴重な秘仏を集めた展覧会へ行ってみた

あまりのリアルさに僧侶が涙…貴重な秘仏を集めた展覧会へ行ってみた
あまりのリアルさに僧侶が涙…貴重な秘仏を集めた展覧会へ行ってみた
国宝アートや貴重な秘仏が大集合している特別展『仁和寺と御室派のみほとけ』に行ってきました。さらに関連イベントとして開催中の「お坊さんカフェ」にも潜入! 詳しくレポートいたします!

■ 国宝アートや秘仏が大集合!

【女子的アートナビ】vol. 97

上野の東京国立博物館でスタートした特別展『仁和寺(にんなじ)と御室(おむろ)派のみほとけ―天平と真言密教の名宝―』では、京都・仁和寺創建時のご本尊をはじめ、全国の御室派寺院から国宝や秘仏が大集合! ふだん目にすることのできない仏像や書、絵画、工芸品などをまとめて楽しむことができます。

仁和寺は平安時代の仁和2年(886年)に光孝天皇が建立を発願し、仁和4年(888年)に宇多天皇が完成させたお寺。ご本尊は国宝の阿弥陀如来坐像です。

宇多天皇は譲位されたあと出家、真言宗のお坊さんになり仁和寺に住まわれます。宇多法皇が住む場所が「御室(おむろ)」と呼ばれ、やがてそれが仁和寺の別称となり、地名にもなったとのこと。ちなみに、御室派とは仁和寺を総本山とする真言宗の一派のこと。全国に約790寺あるそうです。

歴代天皇に崇敬されてきた仁和寺は、天皇ゆかりの品々も数多く所蔵。最初の展示室では国宝となっている高倉天皇直筆の書《高倉天皇宸翰消息》(展示期間:~2月12日)をはじめ、肖像画や工芸品を楽しめます。

続く部屋では、弘法大師・空海ゆかりの国宝、「三十帖冊子」が登場! 空海と同じく“平安の三筆”と称されている橘逸勢(たちばなのはやなり)の書も見ることができます。(会期中の2週間、1月16日~28日までは全帖公開)

そして圧巻なのが、こちらの展示室。仁和寺の観音堂が再現されています! 実際に安置されている33体の仏像がずらりと並び、背景には高精細画像で壁画をリアルに再現。ふだん観音堂は僧侶の修行場所として使われていて非公開となっているため、今回の機会はとても貴重です。(こちらのコーナーは、一般のお客様の撮影が可能となっています)

実際に仁和寺の観音堂で修行されたお坊さんがこの展示室をご覧になり、あまりのリアルさに「修行中を思い出して涙が出た」と話していました。

最後の展示室では、仁和寺と御室派寺院の貴重な秘仏や本尊などが勢ぞろい。どの仏像も、ふだんはめったに見られないものばかりです。特に、大阪・葛井寺(ふじいでら)の国宝、《千手観音菩薩坐像》は必見中の必見。公開期間は2月14日~3月11日限定となっているので私もまだ見ていませんが、必ずその期間に再訪したいと思っています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >