2018/01/30 19:00

友人の妊娠ラッシュ…「なぜ私だけ?」ゴールが見えない不妊治療の苦しみ #3

友人の妊娠ラッシュ…「なぜ私だけ?」ゴールが見えない不妊治療の苦しみ #3
友人の妊娠ラッシュ…「なぜ私だけ?」ゴールが見えない不妊治療の苦しみ #3
結婚して、子どもを望み、子作り(妊活)すれば子どもはできる。多くの女性が、それも若ければ若いほどそう思っているのではないでしょうか? 私もそうでした。でも、現実はそうでないこともあるのです。20代で始まった私の不妊治療をお伝えしようと思います。

文・mimi

【20代からはじまった不妊治療】vol. 3

■ 初の体外受精は失敗。もう一度タイミング法に

前回までのお話はこちらをどうぞ。

http://ananweb.jp/anan/152994/

http://ananweb.jp/anan/153792/

初めての体外受精は「採卵数ゼロ」という残念な結果になり、薬が合わず救急車で運ばれたショックや金銭的な面、そしてやはり20代で不妊ということが受け入れられず、体外受精はいったんお休みにして、1年間を限度に近所のレディースクリニック(以下Aクリニック)で排卵誘発剤を処方してもらいながらタイミングをみてもうらうことにしました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >