2018/02/11 16:00

岡崎体育のモテ期は小6? バレンタインソングに「なんなん?」

岡崎体育のモテ期は小6? バレンタインソングに「なんなん?」
岡崎体育のモテ期は小6? バレンタインソングに「なんなん?」
岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「バレンタインソング」です。


そもそもバレンタインソングってなんなん? と思います。なんでこの日だけ特別感出しているんやろと思っちゃいますよね。エイプリルフールも母の日もそんな定番ソングないでしょ。クリスマスは分かるんです。賛美歌であったり、その時期の気分を高めてくれる音楽として、街を彩る音楽として成立している。でも、バレンタインデーって結局、チョコレートを売るためのマーケティングソングでしかないよなって思ってしまうんです。

いや、女子の目線だとちゃうのかな。チョコレート買ってるときとか、手作りしているときにスイートな音楽聴きながら、めっちゃ盛り上がってんのかな。僕がこんなふうにひねくれて考えてしまうのも、男だからかもしれません。だって、男性目線のバレンタインデーの歌ってないでしょ。男は2月14日に何を聴いて過ごしたらいいんやろって思ってしまいますよ。はっきり言って、めちゃくちゃ手持ち無沙汰ですよね、男は。野球の応援団でいったら、太鼓にもたれて敵の攻撃をただボーッと見ている感じですよ。メディアやマーケティングしている人たちも、待っている側のことをもう少し考えてほしいですね。…あれ? もしかして、すごいことに気づいてしまったかも。これは、俺が作るしかないな。バレンタインデーのアンサーソングとすると、ホワイトデーソングになってしまうのでそれはちょっとややこしいですね。なので、僕が作るならずばり、バレンタインデーの待機ソングにしたいと思います。「あの子がくれるのは、ギリかな、本命かな、手作りかな、買ったやつかな」って。どうでしょう。販売促進に関しては今、日本随一のメロディメーカーと自負している岡崎体育。このタイアップモンスターがお菓子メーカーさんの企画書を待ってますよ!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >