2018/03/11 07:00

「持って生まれたものは大きい」春風亭一之輔の“落語家”論

「持って生まれたものは大きい」春風亭一之輔の“落語家”論
「持って生まれたものは大きい」春風亭一之輔の“落語家”論
独演会には老若男女が訪れ、チケットは入手困難。そんな大人気の実力派落語家・春風亭一之輔さんが、初のエッセイ集、『いちのすけのまくら』を上梓。落語が一級品なら、文章を書かせても一級品でした。

■ 子どもが僕に、「このまま伸びていってもらいたい」と言うんです。


――2男、1女のお父さんでもいらっしゃいますよね。お子さんたちもエッセイを読みますか。

一之輔 :
いま、小学6年、3年、1年です。上の子なんか「へえ」とか言いながら読んでますね。たまに「ここウソじゃん」とかツッコむんですよ。いいだろ、そのまま書いたら面白くないんだ、脚色はあっていいんだって言い張ってます。

――お子さんたちに、高座を見せたりもするんですか。

一之輔:
たまに連れていきます。感想を聞くと、「いいんじゃないですかねぇ、まっすぐ伸びていってもらいたいです」って言う(笑)。

――お子さんが、飄々としていて頼もしいですよね。一之輔さんがうっかり準備し忘れていた年賀状の文面を、しらっと息子さんに書かせた「年賀状」の回は、読んで噴き出してしまいました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >