2018/03/25 07:00

ロロの“いつ高”シリーズ最新作 上演時間が60分のワケは…

ロロの“いつ高”シリーズ最新作 上演時間が60分のワケは…
ロロの“いつ高”シリーズ最新作 上演時間が60分のワケは…
何もない空間にドラマが立ち上がる60分間の清新な演劇体験。いつ高シリーズvol.5、『いつだって窓際でぼくたち』。

“学生演劇”と聞いて、道徳めいた退屈なものだと思う人は少なくないんじゃないだろうか。そんなイメージを持つ人にこそ観てほしいのが、近年、気鋭の劇団として注目を集める「ロロ」の三浦直之さんが手掛ける『いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校(通称:いつ高)』シリーズ。上演時間60分。その前の10分間でセットを仕込む高校演劇のコンクールのルールに沿って上演されている公演だ。

「何年か前から審査員として高校演劇を見るようになって、60分で上演できる既成の戯曲が少ないことを知ったんです。なかにはネットから拾ってきたような戯曲を使う学校もあるくらい。もっと彼らの選択肢を広げられないかと思ったんです」

そこには三浦さん自身が「10代の頃に触れてきた映画や小説、アニメなどのさまざまなカルチャーに救われてきた」という自覚があるから。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >