2018/04/11 11:00

上座&下座…どこに座ればいいかわからない! 今さら聞けないビジネスマナー

毎日のお仕事には、マナーの応用問題が次々現れピンチの連続! 緊張感ある社外の人とのやりとりにも対応できるよう、特別講座を開講。みんなのお悩みに答えてくれたのはコラムニストの石原壮一郎さん、人材育成トレーナー・浅井真紀子さんです。
■ 先方の会社を訪れ、打ち合わせ。先に通されたけど、座るのは上座? 下座?(IT・28歳)
→何も案内がないなら、下座に近い席に座って。

「相手の立場がどんなに上でも、上座に促されたら上座へ。何も指定がない場合は、下座に座るのが間違いないと思います。ただ、最も下座にいると、部屋に案内した人がそこを促したと、あとから入ってきた先方に思われる可能性があるので、案内の方にも配慮して、末席から2番目くらいに座るのが無難でしょう」(浅井さん)。

■ 初めて来られたお客様たち。誰が偉いか分からない時にお茶を出す順番は?(建築・27歳)
→上座から順に出せば、間違いはありません。

「上座から役職が高い方順に座っていると考え、その順番でお茶を出すのが一般的でしょう」(浅井さん)。では、明らかに上司と思われる人が真ん中に座っていたら? 「その方にお出しして、さらに左右の方のところへ回って…としていると邪魔になってしまいます。お茶出しは目立たぬように置いて去るのが正解なので、こういう場合でも、奥の上座から順にお出しするのがベターです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >