2018/04/14 16:00

知っておきたい 納得していないときの謝り方はコレ!

緊急事態を切り抜ける、最適な謝り方とは? 国語講師の吉田裕子さんに、状況別の謝り方を聞きました。リアルな状況設定に合わせ、言葉をイメージしてみて。

■ CASE1 納得していないけど…。

上司のお説教は理不尽なことが多いので、うまく謝れず、火に油を注いでしまうことも。たとえ自分では納得していなくとも、とりあえず謝って、その状況を打開するにはどうしたらいい?

【解答例】
「ご期待に沿えず、申し訳ありません」
「今後、十二分に注意いたします」
自分の力不足を認める言葉を選択。“期待に沿えず”は、私は頑張りましたが上司の期待に沿えなかった、という意味。“十二分”は十分以上に頑張る、という決意表明。

■ CASE2 約束に間に合わない!

乗っていた電車がトラブルで止まってしまい、約束していた時間に間に合わないのは確実な状態です。アポイントをとっている相手に、どういう謝り方をすれば問題ないでしょう?

【解答例】
「ご迷惑をおかけして恐れ入ります。電車が遅れ、○分頃の到着となりそうです」
電車のせいにせず、まず謝ること。その上で具体的に、冷静に対処法を伝え、今後のダメージを最小限に。この場合、到着時間は想定より少し遅めに伝えるのがポイント。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >