2018/04/13 16:30

家族がテロの標的に…女優ダイアン・クルーガーが語る苦渋の決断とは?

■ カンヌ国際映画祭で主演女優賞のダイアン・クルーガー!

【映画、ときどき私】 vol. 155

ドイツ出身でありながら、『ナショナル・トレジャー』や『イングロリアス・バスターズ』など、ハリウッドやヨーロッパを中心に活躍していたこともあり、今回が自身初となるドイツ映画への出演。各国の賞レースでも高く評価された本作へかけた思いやいまの心境について語ってもらいました。

■ 最愛の家族を失う女性という難しい役どころでしたが、このテーマについてはどのように感じましたか?


ダイアン
 まずは主人公のカティヤには共感したわ。今回私がこの物語で素晴らしいと思ったのは、テロを描いているだけでなく、被害者の女性の悲痛な旅をきちんと描いているところ。

私はドイツを離れて25年経っているので、実際の事件については知らなかったんだけれど、これはアメリカでもフランスでもどこでも広く通じるものになるだろうと感じたわ。

■ 役作りのために、実際の被害者家族にもたくさん会われたそうですが、この役を演じる際に意識したことは? 


今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >