2018/05/18 18:30

話題作『モリのいる場所』出演の俳優・黒田大輔が語る「脇役の主張」

このところ大きな注目を集めている俳優といえば、バイプレイヤーの方々。ひと癖も二癖もあるみなさんが放つ魅力は、映画でもドラマでも目が離せないと人気です。そこで、幅広い役どころで数々の作品に出演し、誰もが見覚えがあるあの方にお話を聞いてきました。それは……。
写真・水野昭子(黒田大輔)

■ どんな役でもこなしてしまう俳優の黒田大輔さん!

【映画、ときどき私】 vol. 164

今回は、まもなく公開の出演映画『モリのいる場所』の撮影現場でのエピソードや役者としての思いをたっぷりと語っていただきました。本作は、『南極料理人』などで知られている沖田修一監督の最新作ですが、主人公となるのは実在した画家の熊谷守一。通称「モリ」と呼ばれていた守一は、30年間も家の外に出ることもなく、自宅の庭にいる虫や猫、草木などを描きつづけていたといわれています。

劇中では、そんなモリを優しく支える妻の秀子やお茶の間に集まる人々とのやりとりが映し出されていますが、そのなかで黒田さんが演じたのは、モリの大好物であるビフテキ用の肉を運んでくる肉屋の主人。

■ 黒田さんは沖田組の常連ですが、今回の役に関して聞いたときはどのように感じましたか? 


今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >